KAITOの革命魂.com

これに出会って人生変わりました

【鬼滅ファン必見】無限列車を体験?!ぜひ行っておきたいオススメスポットの紹介

こんにちは、KAITOです!

 

コロナ禍の中、自由にお出掛けしたり旅行しずらい昨今ですね。。。

 

そんな中でも、日本中で大ブームを引き起こした漫画やアニメといえば?

 

そう

 

鬼滅の刃です!

f:id:testosterone_21:20210509080505j:image

2020年に公開された『鬼滅の刃 無限列車編』は、日本の興行収入400億円を突破し、歴代1位になりました!

 

今は世界中で大ヒットしてますね。

 

ところで、

 

あの無限列車に出てくる蒸気機関車

 

乗れる場所が日本にあるのはご存知ですか?

 

僕も最近行くまですっかり存在を忘れていたのですが、今回はそのオススメスポットをご紹介します!

 

場所は静岡県の真ん中に位置する大井川鐵道です。

 

蒸気機関車(以後、SL)は新金谷駅から千頭(せんず)駅の間で走っています。

 

この区間は1時間15分走行しており、途中大井川や周辺の美しい山々、200mの吊り橋やダムなど、飽きることのない景色が続いていきます。

f:id:testosterone_21:20210509080959j:image

ここを走るSLは全て昭和初期に製造された本物のSLを使用しており、リニューアルなどもされていないため、木造の車内や扇風機、全開できる車窓など、あらやる造りがそのまま現存されていました。

 

列車は3両編成になっていて、各号車で製造年が違います。

 

最も古いのは3号車の昭和16年

 

僕らが最初乗っていたのは昭和23年だったかな?

それでもかなり古いですが、照明は白く長い蛍光灯でした。

 

3号車は蛍光灯ではなくオレンジの電球。

 

そう、

 

この3号車の車内こそ、

鬼滅に出てくる無限列車の車内にそっくりなんです!

 

中でもトンネルに入った時は、一気に夜の世界に飛び込んだ感じがして、オレンジのライトが雰囲気よく車内を照らしてくれます。

いつ鬼が出てきてもおかしくないくらいです。

f:id:testosterone_21:20210509080720j:image

※写真だと、オレンジに見えないですが、肉眼ではちゃんとオレンジに見えます。

 

残念ながら列車の顔に『無限』という文字は入ってないですが、

 

鬼滅ファンのみならず、昭和の懐かしい雰囲気は親やおじいちゃんおばあちゃん世代でも十分楽しめますし、幼いお子さんも十分楽しめます!

 

鬼滅ファンなら、好きなキャラクターのコスプレをして乗るのもありかも。

 

ただし、他のお客さんの迷惑になる行為だけはやめてくださいね!

 

車内で食べれる弁当は新金谷駅で帰るみたいです!

 

煉獄ファンはぜひ弁当持って列車に乗り、

『うまいっ!!』といってマネしてみて下さい(笑)

 

今回は鬼滅ファンにもオススメ

大井川鐵道のSL』についてご紹介しましたー!